浄水器の価格帯と浄水機能の関係

subpage01

家庭用の浄水器は、多くのメーカーからさまざまな価格帯の製品が発売されています。

最も安価なものは1万円以下の製品で、5、000円以下の製品も珍しくありません。

浄水器の価格について悩んでいませんか。

また高価格帯では5万円前後のものや、10万円を超える高級機まで揃っています。
価格によって異なるのは機能面で、効果な機種になるほど浄水性能が上がり付加機能も追加される傾向にあります。



どの製品を購入するのかを選ぶ基準は、ライフスタイルや家族の人数などによって異なりますので、それぞれの製品をウェブサイトなどでしっかりと比較検討し、納得のいく浄水器を導入したいものです。
もちろん市販されている製品は、国内の基準を満たしていることを証明した「浄水器適合マーク」が付与されているものがほとんどですので、その性能を信頼して購入し使用することができますので安心です。



家族数が少ない家庭や、手軽に浄水器を利用したい方には、ポット式の製品がおすすめです。


冷蔵庫でポットを冷やし、冷たいままの浄水をテーブルに運び食事をしながら飲むという使い方もでき、デザインもお洒落なものが多いので女性や若い人に人気となっています。

水道の蛇口に接続して使用するタイプは使い勝手がよく、浄水性能も高いものが多く、水にこだわりのある人や大人数の家族におすすめできます。さらに高価格帯の製品では、アルカリ電解水を生成できる機能や、超高性能な浄水フィルターで不純物をほぼ確実に除去できる浄水器もあります。